細胞診専門医、細胞検査士の方へ

CYTOCON 2022

2022/11/14

IAC Annual Meeting

IAC Siliguri

I was invited by the Indian Academy of Cytopathologists to the CYTOCON 2022 to deliver a lecture on medullary (C cell) carcinoma of the thyroid. This was the first abroad and face-to-face meeting for me to attend after COVID-19. It was an enjoyable occasion. I hope we can enjoy international communications again soon.

Top 10 Most Downloaded Award by Wiley

2022/06/17

Top 10 Most Downloaded Award by Wiley

Top 10 Most Downloaded Award by Wiley

出版社Wileyから、以下のCancer Cytopathologyに発表したCOIVIDと細胞検査室の国際調査についての2編の論文が、いずれもTop 10 Most Downloaded Papersとして表彰されました。

Top Cited Author Awardを受賞しました。

2022/03/31

Wiley出版社より以下の2論文に対しTop Cited Author Award受賞の連絡がありました。2編の論文は、いずれも国際共同研究によるもので、Cancer Cytopathologyの論文は、コロナの世界的流行が、23か国の細胞検査室にどのような影響を及ぼしたかの解析報告です。ヨーロッパ細胞学会が中心として進められたものです。アジアを中心としたコロナ研究にも参加し、3篇の論文ができました。もう一編は、Diagnostic Cytopathologyに掲載されました。アジア8か国13施設の共同研究で、甲状腺髄様癌(C細胞癌)167症例の細胞診断を解析し、髄様癌の細胞診断精度、診断の肝を報告しました。ここでも2編の論文が生まれました。共同研究の成果です。
Top cited author award

Top cited award

Diag Cytopathol 2021

MTC in Asia

I received 2  top cited authors awards from the Wiley. They were given to 2 international collalborations, 1) Vigliar E, et al. Global impact of the COVID-19 pandemic on cytopathology practice: Results from an international survey of laboratories in 23 countries. Cancer Cytopathol. 2020 Dec;128(12):885-894 (a timely publication and it expanded two more international collaborations), and 2) Liu CY, et al. Cytologic diagnosis of medullary thyroid carcinoma in the Asia-Pacific region. Diagn Cytopathol. 2021 Jan;49(1):60-69.

雑誌Gland Surgery特集

2020/11/13

雑誌Gland Surgeryに特集『甲状腺診療における欧米とアジアの違い Asian and Western practice in thyroid pathology: similarities and differences』が刊行されました。アジアを中心に25編の論文が掲載されています。Open Accessですので、無制限に閲覧が可能です。http://gs.amegroups.com/post/view/asian-and-western-practice-in-thyroid-pathology-similarities-and-differences 皆様のご批判を仰ぎたいと思います。    

Grace Yang教授退官記念講演ビデオ

2020/10/22

教科書『Thyroid Fine Needle Aspiration』を書いたGrace Yang教授がコーネル大学を退官しました。英語ですが、退官記念講演が以下のリンク( https://app.box.com/s/im7eho2j8i8j8nwstdgddugqqx6q7pcp)で見ることができます。大変参考になると思います。日本版のベセスダ診断様式は、欧米のベセスダ診断様式の原著を修正して、作成されています。ここで楊先生の講演を見て、どれくらい修正されているか感じてください。たいへん違ったことを揚先生は説明しています。遺伝子診断だけが差を作っているのではありません。
ResearchGate(Kennichi Kakud) Better Treatment 最適医療 (社) 日本病理学会 教育委員会編集 病理コア画像 和歌山県立医科大学人体病理学(第2病理学)教室 バーチャル臨床甲状腺カレッジ