臨床医の方へ

Asian Working Group in The 20th ICC Sydney

2019/05/20

Asian WG Companion Meeting

Asian WG Companion Meeting

The Asian Working Group Companion Meeting

アジア甲状腺病理/細胞診ワーキンググループは13カ国40名以上のメンバーが参加する活動です。2017年より活動を開始しました。多くの論文発表と、学術発表を重ね、アジアの甲状腺診療の特色を明らかとしてきました。信じられないことかもしれませんが、アジアでは良性と診断し治療されている甲状腺結節の相当数が、米国では癌と診断され癌として治療されているようです。これを解決するため、境界腫瘍の提唱を私覚道は2009年より始めました。これは一部がNIFTPとUMPとして、2017年WHO分類に取り入れられました。しかし、現場での診療には、この境界病変の概念の普及は遅々として進まず。欧米ではまだ相当数の患者が癌として治療されているようです。アジアにこの診療ガイドラインが侵入してこないように警鐘を鳴らしています。日本の病理医、甲状腺診療にかかわる内科医、外科医の参加を募ります。

The 20th ICC Sydney was over with great success. Asian Working Group companion meeting was held on the 8th of May (Figure 1), and we had the third face to face meeting. Gradually we found significant differences in thyroid practice among Asian WG members as well as between Asian and Western thyroid practice more and more. We are proudly showed our recent activities.

Multi-institutional Studies in 2018 and 2019.

1.    Bychkov A et al. Impact of noninvasive follicular thyroid neoplasm with papillary-like nuclear features on the Bethesda system for reporting thyroid cytopathology: a multi-institutional study in five Asian countries. Pathology 2018; 50:411-417.

2.    Bychkov A et al. Noninvasive follicular thyroid neoplasm with papillary-like nuclear features in Asian practice: Perspectives for surgical pathology and cytopathology. Endocr Pathol. 2018; 29:276-288.

3.    Vuong HG et al. Clinical impact of noninvasive follicular thyroid neoplasm with papillary-like nuclear features on the risk of malignancy in the Bethesda system for reporting thyroid cytopathology: a meta-analysis of 14,153 resected thyroid nodules. Endocr Pract. 2019 [Epub ahead of print]

4.    Agarwal S et al. The prevalence and surgical outcomes of Hürthle cell lesions in fine‐needle aspirates of the thyroid: A multi-institutional study in six Asian countries. Cancer Cytopathol. 2019; 127:181-191.

5.    Liu Z et al. Interobserver and intraobserver variation in the morphological evaluation of noninvasive follicular thyroid neoplasm with papillary like nuclear features in Asian practice. Pathol Int. 2019 [Epub ahead of print]

6.    Kakudo K et al. To the Editor. Cytologically borderline thyroid nodules as a key target to reduce overdiagnosis and overtreatment of thyroid cancer. Arch Pathol Lab Med (Accepted for publication).

Please join us at the 58th JSCC Fall Meeting in Okayama, Japan. You and new members are also welcome to this activity. Please contact me at kakudo@thyroid.jp. The following are details for the 4th face to face meeting (the Global Asian Forum) on 16th of November in Okayama, Japan.

The Global Asian Forum: Thyroid FNA Cytology in Asian Countries.

Chairpersons:

1.    Andrey Bychkov, MD, Ph.D., Department of Pathology, Kameda Medical Center, Kamogawa, Japan,

2.    Kennichi Kakudo, MD, Ph.D., FIAC, Department of Pathology, Kindai University Faculty of Medicine, Nara Hospital, Ikoma, Japan,

A welcome message by the meeting president, professor Moriya

Speakers

1.    Chan Kwon Jung, MD, Ph.D., Department of Hospital Pathology, College of Medicine, The Catholic University of Korea, Korea,

Topic: Nuclear features of BRAF mutated PTCs and RAS-mutated neoplasms.

2.    Shipra Agarwal, MD, DNB, Department of Pathology, All India Institute of Medical Sciences, India,

Topic: AUS/FLUS in Indian experience with thyroid FNA.

2.    Priyanthi Kumarasinghe, MD, Department of Anatomical Pathology, University of Western Australia, Australia,

Topic: BRAF testing to refine cytology categories: how and when?

4.    Huyen-Trang Vu, MD, Department of Pathology, Ho Chi Minh City Oncology Hospital, Ho Chi Minh City, Vietnam,

Topic: Resection rate and risk of malignancy among TBSRTC categories in Western vs. Asian practice.

5.    Chih-yi Liu, MD, FIAC, Division of Pathology, Sijhih Cathay General Hospital, New Taipei City, Taiwan,

Topic: Cytological diagnosis of medullary thyroid carcinoma among Asian Working Group in Thyroid Cytology.

6.    Yaqiong Li MD Ph.D., Department of Pathology, Shandong Provincial Hospital Affiliated to Shandong University, Jinan 250021, Shandong, China,

Topic: Observer variation study in the diagnosis of follicular neoplasms.

 

アジアと欧米の診療の違い

2017/11/23

医学は科学として東洋と西洋での差はないはずです。しかしこの年齢になって分かったことは、医療の方針や、実際の診療には国ごとに大きな差があることです。一般的に患者の遺伝的背景、生活習慣の違いにより疾病の頻度や予後の違いがあることが知られています。また社会の経済状態の差や、医療資源の制約などで、異なる医療方針があることも理解しやすい原因と思われます。しかし、宗教、倫理観、道徳観の違いによっても医療に大きな差が生まれることに気付きました。これを2つの論文としましたので、英語ですが、興味のある方はご覧ください。自由にダウンロードできます。しかし患者にとっては大きな違いであると思います。
  1. Kakudo K: How to handle borderline/precursor thyroid tumors in management of patients with thyroid nodules. Gland Surg 2017. doi: 10.21037/gs.2017.08.02

  2. Kakudo K, Higuchi M, Horokawa M et al.: Thyroid FNA cytology in Asian practice – Active surveillance for indeterminate thyroid nodules reduces overtreatment of thyroid carcinomas. Cytopathology 2017; Nov 2. doi: 10.1111/cyt.12491. [Epub ahead of print]

アジアの細胞診特集

2017/11/20

甲状腺細胞診のワーキンググループを2016年に結成し、2017年には韓国釜山市でのAOTAで、発起集会を開きました。その時に決定し、メンバーの協力のもとに、Journal of Pathology and Translational Medicine  に特集Current Practices of Thyroid Fine-Needle Aspiration in Asia を刊行することができました。(http://jpatholtm.org/current/?vol=51&no=6​).をご参照ください。医学は科学であり違いはないのですが、社会的背景、倫理観、経済的背景の差により、医療は国ごとに異なっていることが明瞭にわかる特集となりました。今まで、欧米から出されたガイドラインの多くをそのまま移入してきましたが、多くの違った結果を得て、その原因がわからずに過ごしてきました。多くの原因は患者群の違いであろうと推測されてきましたが、別に大きな問題があることを、甲状腺結節診療で明らかにしたいと思っています。興味を持っていただいた方は以下をご参照ください。Open Access ですので、自由に見ることができます。
  • Kakudo K, Higuchi M, Hirokawa M et al.: Thyroid FNA cytology in Asian practice – Active surveillance for indeterminate thyroid nodules reduces overtreatment of thyroid carcinomas. Cytopathology [Epub ahead of print].
 

Borderline/Precursor Thyroid Tumors in WHO Classification

2017/08/21

WHO Classification of Endocrine Organs

WHO Classification of Endocrine Organs

取り組んできました境界腫瘍の提唱が、2017年出版されたWHO甲状腺腫瘍分類に公式に採用されました。今まで良性と悪性のいずれかに分類する必要があったのですが、そのため、診断のブレができる。悪性例の予後解析でも、病期 I期、II期では、コントロール群と差がないという(時には癌の方が長生きできる)という理解困難な結果が出ていました。これからは、境界悪性腫瘍の診断が使用でき、病理診断の再現性がよくなることを期待しています。欧米では多くの場合癌と過剰診断され、全摘+RAI治療がされる不幸な例が多くあったのですが、そのようなことは激減することが期待されます。しかし今でもこの腫瘍を欧米では手術して癌でないことを確かめなければならないと主張しています。私は、手術する必要はないと主張しています。現在投稿中の原稿が出版されましたら、アップしたいと思います。

Borderline/Precursor Tumours in the 4th Edition  2017 WHO Classification of Thyroid Tumours.

2

Hyalinizing Trabecular Tumour

2A

Other encapsulated follicular patterned thyroid tumours

2A-1

Uncertain malignant potential (UMP)

2A-1-1:Follicular tumour of Uncertain malignant potential (FT-UMP)

2A-1-2:Well differentiated tumour of Uncertain malignant potential (WDT-UMP)

2A-2

Non-invasive follicular thyroid neoplasm with papillary-like nuclear features (NIFTP)

NIFTP 特集

2017/03/19

NIFTP (non-invasive encapsulated follicular neoplasm with papillary-like nuclear features) の特集を Journal of Basic and Clinical Medicine (http://www.sspublications.org/index.php/JBCM/index) に公開しました。WHO分類第4版に採用予定の甲状腺腫瘍、境界病変です。しかし、2016年にニキフォロフらにより提唱された新しい疾患概念であるため、細部にはまだ多くの不明な点があり、詰めなければならない未解明な点、解決しなければならない疑問点が多数あることが、特集からお分かりいただけると思います。
ResearchGate(Kennichi Kakud) Better Treatment 最適医療 (社) 日本病理学会 教育委員会編集 病理コア画像 和歌山県立医科大学人体病理学(第2病理学)教室 バーチャル臨床甲状腺カレッジ