近況報告

劉先生が上海交通大学第6病院に栄転されました。

2020/09/13

コロナウイルス騒動のため、私の学会活動はほぼWebとなり、海外講演もなくなりました。そのためしばらく同門会のニュースがありませんでした。この後、コロナが治まれば、学会活動が再開できると思い、楽しみにしています。この間のいいニュースとしては、劉先生が山東大学病理学教室准教授から、Shanghai Jiao Tong University Affiliated Sixth People’s Hospitalの病理学教室主任教授に栄転されました。30000件の手術標本と、30000件以上の生検のある、外科病理医が15人、細胞病理医が2人いる、日本の感覚では巨大病院で、骨軟部腫瘍の治療を特色とする病院であるそうです。来年には訪ねたいと思っています。皆様にも変化があれば、是非お知らせください。当方私的なニュースとしては、若年型甲状腺癌研究会(http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/labo/JCJTC/about.html)に参加し、活動を開始いたしました。この後私と北山君の共著で書いた患者向けのエッセイが掲載される予定です。この間、論文発表に努力してきたのですが、2020年は豊作の年で、以下の論文が出版又は出版予定です。
  1. Ghossein R, Barletta JA, Bullock M, Johnson SJ, Kakudo K, Lam AK, Moonim MT, Poller DN, Tallini G, Tuttle RM, Xu B, Gill AJ: Data set for reporting carcinoma of the thyroid: Recommendations from the International Collaboration on Cancer Reporting (ICCR). Human Pathol [accepted for publication]
  2. Wang Y-H, Bychkov A, Chakrabarti I, Jain D, Liu Z, He S, Hanum SF, Bakrin I, Templo Jr. F, Nguyen T, Kumarasinghe P, Jung CK, Kakudo K, Chen CC.: The impact of the COVID-19 pandemic on cytology practice: an international survey in the Asia-Pacific region. Cancer Cytopathology [accepted for publication]
  3. Vuong HG et al.: The application of the Bethesda system for reporting thyroid cytopathology in pediatric population: A multi-institutional study in 5 Asian countries. Am J Clin Pathol [accepted for publication]
  4. Tokumaru M, Ohba K, Kakudo K, Suda K, Oki Y. Case report. – Importance of imaging procedures in the evaluation of methotrexate-associated lymphoproliferative disorder of the thyroid gland: a case study. European Thyroid Journal [accepted for publication]
  5. Ngo HTT, Nguyen TPX, Vu TH, Jung CK, Hassell L, Kakudo K, Vuong HG: Impact of molecular testing on the management of indeterminate nodules among Western and Asian countries: A systematic review and meta-analysis. Endocr Pathol 2020 Aug 7. doi: 10.1007/s12022-020-09643-0. Online ahead of print.
  6. Liu C, Bychkov A, Agarwal S, Zhu Y, Hang JF, Lai CR, Na HY, Li WW, Liu Z, Jain D, Suzuki A, Hirokawa M, Chia N, Nga ME, Jitpasutham T, Keelawat S, Park SY, Satoh S, Chen CC, Gunawardena D, Kumarasinghe P, Jung CK, Kakudo K: Cytologic diagnosis of medullary thyroid carcinoma in the Asia-Pacific region. Diagnostic Cytopathology Online ahead of print.
  7. Kakudo K.: Asian and Western practice in thyroid pathology: Similarities and differences. Gland Surgery Online ahead of print.
  8. Li Y, Inomata K, Nishihara E, Kakudo K.: IgG4 thyroiditis in the Asian population. Gland Surg 2020. doi:10.21037/gs-20-417
  9. Nguyen TPX, Truong VT, Kakudo K, Vuong HG.: The diversities in thyroid cytopathology practices among Asian countries using the Bethesda system for reporting thyroid cytopathology. Gland Surg 2020. doi: 10.21037/gs-20-404
  10. Bai Y Niu D, Yao Q, Lin D, Kakudo K et al.: Updates in the advances of sporadic medullary thyroid carcinoma: from the molecules to the clinic. Gland Surg.
  11. Hirokawa M, Suzuki A, Hashimoto Y, Satoh S, Canberk S, Jhuang JY, Jung CK, Tangnuntachai N, Kovacevic B, Zhu Y, Agarwal S, Kakudo K.: Prevalence and Diagnostic Challenges of Thyroid Lymphoma: A Multi-Institutional Study in non-Western Countries. Endocr J 2020 Jul 9. doi: 10.1507/endocrj.EJ20-0202. Online ahead of print.
  12. Jung CK, Lee Y, Park SY, Kim JH, Kakudo K.: New insights into classification and risk stratification of encapsulated thyroid tumor with a predominantly papillary architecture. J Pathol Trans Med, 54(3):197-203, 2020.
  13. Zhu Y, Li Y, Jung CK, Song DE, Hang JF, Liu Z, Jain D, Lai CR, Hirokawa M, Kakudo K, Bychkov A.: Histopathologic assessment of capsular invasion in follicular thyroid neoplasms – An observer variation study. Endocr Pathol 31(2), 132-140, 2020.
  14. Li Y, Wang X, Liu Z, Ma J, Lin X, Qin Y, Nishihara E, Miyauchi A, Kakudo K. Hashimoto’s Thyroiditis with Increased IgG4-positive Plasma Cells: Using Thyroid-specific Diagnostic Criteria May Identify Early Phase IgG4 Thyroiditis. Thyroid 30(2):251-261, 2020.
  15. Vuong HG, Ngo HTT, Vu TH, Lu KB, Bychkov A, Jung CK, Kakudo K, and Kondo T: The differences in surgical resection rate and risk of malignancy in thyroid cytopathology practice between Western and Asian countries: a systematic review and meta-analysis. Cancer Cytopathology 128(4):238-249, 2020.
  16. Lai WA, Hang JF, Liu CY, Bai Y, Liu Z, Gu H, Hong SW, Pyo JY, Jung CK, Kakudo K, Bychkov A: PAX8 expression in anaplastic thyroid carcinoma is less than reported in early studies: A multi-institutional study of 182 cases using the monoclonal antibody MRQ-50. Virch Arch 476(3):431-437, 2020. doi: 10.1007/s00428-019-02708-4.
  17. 覚道健一、若狭朋子、太田善夫:甲状腺境界病変 病理と臨床 38(2)124-129,2020.

category: 同門会 , 近況報告 comment: (0)

2020KTA Web 会議

2020/08/21

2020年韓国甲状腺学会がWeb会議として開かれました。 August 21 – 22 (Fri. – Sat.), 2020, Hotel Inter-Burgo Exco, Daegu, Korea. Zoomを用いたWeb会議は初めての体験でしたが、質疑応答も含めてWebで体験いたしました。COVID19の影響で、日本だけでなく多くの国際会議が中止に追い込まれましたが、今後はWebでの会議、講演会が広く行われる時代となると実感いたしました。
2020 KTA symposium

2020KTA

病理学会名誉会員

2020/06/15

今年の春は、COVID19の世界的な流行ですべてのことが通常には行うことができません。国際学会、国内学術集会、研修会、セミナーなども軒並み中止、延期となり多くの人々が戸惑っておられることと存じます。その中で日本病理学会はウエブ上で病理学会総会を開き、承認されたとして、病理学会名誉会員(Honorary Member)の称号を授与すると添付の盾を送り、ご連絡いただきました。すべてが停止しているわけではないのだと実感いたしました。この喜びを皆様にご報告申し上げます。
名誉会員の盾

名誉会員の盾

category: 同門会 , 病理医の方へ , 近況報告 comment: (1)

斉魯友誼賞の受賞報告

2017/11/22

Qilu Friendship Award

Qilu Friendship Award

20年以上にわたり取り組みました山東大学医学部病理学教室との交流、和歌山県立医科大学と山東大学との学術交流、学生交流活動、さらに11名(内9名が山東大学より)の中国人留学生の受け入れなどを評価いただき、山東省政府より、斉魯友誼賞を授与されることとなりました。中国語のため私には読めませんが、以下の記事が出たようです。皆様と喜びを分かち合いたいと思います。   http://mp.weixin.qq.com/s/Kvr9fAy2TFvH08GLSuwLWQ   http://www.en.sdu.edu.cn/info/1018/2430.htm

category: 同門会 , 近況報告 comment: (1)

中国講演2017

2017/04/08

山東省講演

山東省講演

講演の後で4名と

晩餐会

前日の泉公園で白先生と

白先生

南京での講演を終わって

南京甲状腺病理カンファレンス

南京カンファレンス

南京カンファレンス

何度目になるかわかりませんが、中国南京市(甲状腺病理国際高峰診伝)と済南市(2017年山東省甲状腺病理検討会、写真)で2017年5月出版予定のWHO分類のうち、境界病変WDT-UMPと NIFTPについて講演をしてきました。Mayoi Clinic のErickson 教授、Case Western Reserve University のClaire Michael教授と同行させていただきました。中国で活躍する5名の元教室員と会うことができ楽しい時間でした(写真2,3)。
ResearchGate(Kennichi Kakud) Better Treatment 最適医療 (社) 日本病理学会 教育委員会編集 病理コア画像 和歌山県立医科大学人体病理学(第2病理学)教室 バーチャル臨床甲状腺カレッジ