2016年1月

varidation study

2016/01/27

Nikiforov教授との甲状腺前癌病変の共同研究は、JAMA Oncologyに投稿中となりました。引き続き、英国、米国、日本の一般病理医の方々にお願いし、乳頭癌の核所見の評価(大きさ形状、核膜の不整、クロマチンの変化)をいただき、診断基準のvalidationを確認することになりました。ご協力いただける方は、覚道まで、メールにて参加の意思表示をいただければ資料をメールでお送りいたします。(ご検討いただく30例の資料と、評価を記載いただくエクセルファイルをお送りいたします。)共同研究の中心人物Lester Thompsonの作成した教材資料をご参照ください。

解説ファイル

評価対象30例の画像
1画面に非腫瘍部甲状腺(左画像)と評価対象画像(右画面)が大きさの比較のため、同一拡大で示されています。


なお、同ファイルが下記にも掲載されています。

Lester ThompsonのHP: http://www.lester-thompson.com

英国のDavid Pollerの http://www.pathlab.org/Pathology_and_Cytology_Links_Pathlab.org_Pathology_UK_Video_Cytology_Books_Media_News.html(at the top of the page NIFTP study January 2016

category: 病理医の方へ comment: (0)

ResearchGate(Kennichi Kakud) Better Treatment 最適医療 (社) 日本病理学会 教育委員会編集 病理コア画像 和歌山県立医科大学人体病理学(第2病理学)教室 バーチャル臨床甲状腺カレッジ

最新記事